お店からのご案内
お店からのご案内2
 

樹脂製敷板 Wボードの販売

敷鉄板より軽量、運搬・施工が簡単で需要が伸びています。プラスチック製よりもさらに安くて環境負荷が少ないのが特長です。
 
1.Wボード    2.軽量Wボード   3.連結金具 


特長・仕様
  • 国土交通省「NETIS」登録製品。
  • 39kgと軽量の為、輸送費大幅削減可能。
  • 少人数、短時間で設営可能。
  • クレーン作業不要により安全且つ労災防止。
  • 敷鉄板に比べ輸送時、設営時の騒音緩和。
  • 国内2ヶ所の最新工場で安定生産!
  • 東京大学発!複合プラスチック素材採用
  • 強度に優れ、環境にやさしい樹脂製敷板
  • カラー板にも対応(受注生産)
 
 

 1.Wボード(国土省NETIS登録CG-150003-VE)

 実績としては強固な地盤でも最大60トンの車輛くらいです。工事現場のぬかるみでは10トン車輛くらいまでが一般的です。
 
Wボード48
片面凸タイプ 両面凸タイプ
   
Wボード36
片面凸タイプ 両面凸タイプ
   
Wボード1x2
片面凸タイプ 両面凸タイプ
   
支払方法
銀行振込 カード 掛け払い
出荷営業日 メーカー直送品
2~5営業日で出荷。欠品時、ご連絡

送料
送料無料 無料  本州・四国(離島・一部の地域は除く)※加算送料について
 ※4トン車での車上渡し・個人宅配送は加算送料¥12,000となります。
送料:お見積り 北海道・九州・離島一部の地域は、お見積フォームまたはFAXお見積り用紙でお見積ください。 本品は直送品につき、送料は個別加算となります。
 
形式 長さ 厚み 表面凸 重量
(±5%)
税込価格 
Wボード48片面 1,219 2,438 15(13+2) 片面 39 ¥23,170
Wボード48両面 20(5+13+2) 両面 ¥23,560
Wボード36片面 910 1,820 15(13+2) 片面 21 ¥15,110
Wボード36両面 20(5+13+2) 両面 ¥15,490
Wボード1m×2m片面 1,000 2,000 15(13+2) 片面 27 ¥18,950
Wボード1m×2m両面 20(5+13+2) 両面 ¥19,330
 

↑ページ先頭へ

 2.軽量Wボード

 厚さが薄くなるので、耐荷重は変わります。目安としては軽トラックや乗用車くらいまでをお勧めします。
 
 軽量タイプ
片面凸タイプ 片面凸タイプ
   
支払方法
銀行振込 カード 掛け払い
出荷営業日 メーカー直送品
2~5営業日で出荷。欠品時、ご連絡

送料
送料無料 無料  本州・四国(離島・一部の地域は除く)※加算送料について
 ※4トン車での車上渡し・個人宅配送は加算送料¥12,000となります。
送料:お見積り 北海道・九州・離島一部の地域は、お見積フォームまたはFAXお見積り用紙でお見積ください。 本品は直送品につき、送料は個別加算となります。
 
形式 長さ 厚み 表面凸 重量
(±5%)
税込価格 
軽量Wボード48 片面 1,219 2,438 13(8+5) 片面 25 ¥15,110
軽量Wボード36 片面 910 1,820 13(8+5) 片面 13 ¥12,160
 

↑ページ先頭へ

 3.連結金具

 
     
 
  • 平坦でしっかりした地盤の養生用として敷いて下さい。(例 芝生の養生・仮設道路・仮設駐車場等)
  • 歩行者等が通行される場合、滑り止め面を上にして設置下さい。
  • 車両が旋回する場所に敷く場合、フラット面を上にして設置下さい。
  • 敷板を固定する場合はアンカーや杭で連結・固定、または番線を利用し敷板を連結、又は鉄板でWボードの端を敷き込むなどして固定して下さい。
支払方法
銀行振込 カード 掛け払い
出荷営業日 メーカー直送品
2~5営業日で出荷。欠品時、ご連絡

送料
送料無料 1,650円   本州・四国(離島・一部の地域は除く)※加算送料について
送料:お見積り 北海道・九州・離島一部の地域は、お見積フォームまたはFAXお見積り用紙でお見積ください。 本品は直送品につき、送料は個別加算となります。
 
● 価格表 ●
形式 備考 入数 税込価格 
Wボード用U字アンカー D10㎜×125㎜×250㎜ 1本 ¥540
プレート式固定金具 ネジ固定式 上下板と分割パーツ 1セット ¥1,670
UNICO型連結具  一体型差込式固定金具 1本 ¥1,160
 

↑ページ先頭へ
 
敷鉄板との違いについて 
・メリット
 敷鉄板と比べ一度に多く運べます。敷設撤去の際にユニックなどが不要となります。
 →コスト削減、工期短縮と敷鉄板による事故リスクの回避ができます。3尺×6尺サイズなら軽トラックの荷台に載せられます。
 →鉄板を運ぶような大型車輛が入れない場所の工事でも対応できるようになります。
 敷鉄板と違い資産価値がないので、換金目的の盗難リスクは低くくなります。

・デメリット
 敷鉄板より強度が低くなります。大型車輛・重機を使う現場などに対応できない場合があります。
 


やまと屋 TEL 048-485-1049
FAX 048-485-1059
メール apple@yamato8.biz

NO.200609