お店からのご案内

耐寒剤の販売

支払方法
銀行振込 代引き カード
出荷営業日 1~4営業日で出荷。欠品時、ご連絡

送料 送料0円0円 : 本州・四国(離島・一部の地域は除く) ※加算送料について
送料:お見積り 北海道・九州・離島・一部の地域は、
お見積フォームまたはFAXお見積り用紙でお見積してください。

本品は直送品につき、送料は個別加算となります。
 

1.セントラル耐寒剤

  効力と特徴
●氷点降下の作用で不凍性を帯び、凍結を防止し、完全に硬化します。
●硬化が促進され併せて初期強度も増加しますので、厳寒中でも一日中工事が可能となります。
●セメントの練り水に混入するだけで、防水早強となります。
●予想される最低気温により使用量を適宜、水にて調整できます。
●モルタル・コンクリートの初期強度を20~30%増強します。
●各種のセメントに応用でき、荒壁の耐寒にも有効です。
●容量:18kg
使用法
  予想される最低気温によりセメント重量の2.5%~10%の範囲で、練り水に希釈して
ご使用ください。
 
●予想最低気温による使用法
予想
最低温度
セメント
重量に
 対する%
標準使用量
 モルタル1㎡
(セメント500kg)
 生コン1㎡
(セメント300kg)
-5゜Cまで 2.5 % 12.5 kg 7.5 kg
-10゜Cまで 5% 25 kg 15 kg
-10゜C以下 10% 50 kg 30 kg
●18kg缶の施工量
予想
最低温度
セメント
重量に
 対する%
モルタル15mm厚 コンクリート
(セメント300kg/㎡) 
調合比1:2 調合比1:3
-5゜Cまで 2.5 % 約66㎡
(1.0㎡)
約92㎡
(1.4㎡)
約2.4㎡
-10゜Cまで 5% 約33㎡
(0.50㎡)
約46㎡
(0.70㎡)
約1.2㎡
-10゜C以下 10% 約17㎡
(0.25㎡)
約23㎡
(0.35㎡)
約0.6㎡
※ご注意
北面、南面向き等施工箇所により使用量を調整してください。耐寒剤入りモルタル・コンクリートの練り置きはしないでください。
     

2.セントラルエース(無塩耐寒剤)

     セントラルエースは、塩化カルシウム系と異なり、特殊無機モノマーを主成分とした耐寒剤で
塩化物は全く入っておりません。本剤の混入によりモルタル・コンクリートは、
氷点降下の作用で不凍性を帯び、凍結を防止し完全に硬化いたします。
効力と特徴
●セメントの練り水に混入するだけで、防凍早強となります。
●予想される最低気温により使用量を適宜水にて調整できます。
●一般に耐寒剤として用いられている塩化カルシウム系と異なり、鉄材等を腐食させる
 ような弊害はありません。
●各種のセメントに応用でき、荒壁の耐寒にも有効です。

使用法
使用量は、予想される最低気温により3~6%の範囲にて、練り水に希釈してご使用ください。
 
●温度差による使用法
予想される最低気温 セメント重要に対する%
零下 5℃まで 3%
零下10℃まで 6%
●モルタルの場合
調合 1缶で塗れるモルタルの量
セメント:砂 塗り厚 3%使用 6%使用
1:2 15mm 約60㎥ 約30㎥
1:3 15mm 約84㎥ 約42㎥
●コンクリートの場合
調合 1缶で打ち込めるコンクリートの量
3%使用 6%使用
標準配合 約2.0㎥ 約1.0㎥
使用上の注意
●セントラルエースは単位水量の一部となりますので、使用量に応じて練り水を補正してください。
●.コンクリート打設時の温度はおよそ10°C~20°Cにしてください。
●養生シートを用いてコンクリートの打ち込み温度が10°C~O°Cに冷えるまでの時間を10時間以上確保してください。
●多量に混和されますと耐寒性能は上がりますが、強度への悪影響が考えられますので、ご利用の際はご注意<ださい。
     

3.ボースコールノンPW(塩素0%・アルカリ0%)  

  効力と特徴
  ボースコールノン・コールノンPWは塩素分0%、アルカリ分0%のセメント用耐寒促進剤です。
寒冷期に使用するコンクリート、モルタルの凍結温度を下げ、
低温時のセメント水和反応を促進させることで、初期における強度の増進と凍害防止に効果があります。

●容量:1kg/袋・20袋/箱、10㎏袋入り
●性状/白色粉末

  使用法
  ①モルタル、コンクリートの材料を空練り後、コールノンPWを混合し、充分空練りを行ってから練り水を加えて下さい。
②コールノンPWを混合したモルタル、コンクリートの練り置きはできません。又、練り水を少なくし硬練りするとより効果的です。
③コンクリート打設温度は10゜C~20℃とし養生シート等を用い、打ち込み温度が10℃~O℃に冷えるまでの時間(前養生)を10時間以上確保して下さい。
 
●JIS A 6204:2006による形式評価試験
項目 硬化促進剤 I 種
JIS 規定値 コールノンPW
圧縮強度比
材齢1日 120以上 169
材齢2日 130以上 159
材齢28日 90以上 103
長さ変化比(%) 130以上 122
塩化物イオン量(kg/㎥) 0.02以下 0.00
全アルカリ量(kg/㎥) 0.30以下 0.08
●凝結試験 0℃における凝結試験
始発(時分) 終結(時分)
無添加 9:40 11:40
C × 3.5%重量 2:20 3:44
C × 4%重量 2:08 3:24
 
 
●1kg袋入り
セメント25kg袋に対しての混合量
適応温度 セメント ボース
コールノンPW
添加量
-10℃ 1.6袋 1袋 1kg 2.5%重量
適応温度 セメント ボース
コールノンPW
添加量
-15℃ 1.14袋 1袋 1kg 3.5%重量
●10kg袋入り
セメント25kg袋に対しての混合量
適応温度 セメント ボース
コールノンPW
添加量
-10℃ 16袋
400kg
1袋
10kg
2.5%重量
適応温度 セメント ボース
コールノンPW
添加量
-15℃ 11.4袋
285kg
1袋
10kg
3.5%重量
   
● 耐寒剤 価格表 ●
形式 荷姿 税込価格  
セントラル耐寒剤 塩化カルシウム系耐寒剤 一斗缶 ¥2,750
セントラルエース 無塩耐寒剤 一斗缶 ¥4,400
コールノンPW1㎏x5入り 粉末無塩耐寒剤 1㎏x5袋 ¥2,600
コールノンPW20㎏ 粉末無塩耐寒剤 1㎏x20袋/箱入り ¥7,800
コールノンPW10㎏ 粉末無塩耐寒剤 10㎏袋 ¥3,500
 
 


やまと屋 TEL 048-485-1049
FAX 048-485-1059
メール apple@yamato8.biz
NO.180804