塩化カルシウム散布マニュアル

1.防塵・締固め散布マニュアル

使用量目安 粒状500~1,500g/m2または、液体1,000㏄~3,000㏄/m2を散布します。
参考) 液体エンカル1,000㏄を粒状エンカルから作る場合、粒状エンカル500gに水を1,000㏄近く混ぜながら溶かしてください。
 

1-1 テニスコート・グランド

(ア) 新設の場合

  • 表面から2~3㎝の深さまで土を入れて仕上げた後、塩化カルシウム使用量目安(粒状500~1,500g/m2)の1/2を粒状塩化カルシウムで散布します。
  • 次に表土を補充して仕上げた後、残りを液状で散布します。

(イ) 管理補修の場合

  • 塩化カルシウム使用量目安(液体1,000㏄~3,000㏄/m2)の1/2~2/3を液状で散布し、10~14日経って残りを散布してください。
  • また表面を掘起こして補修する場合には、表土を2~3cm取り除いて液状で1/2~2/3を散布し、表土を仕上げた後残りの塩化カルシウム溶液を散布します。

(ウ) 追加散布

  • 日常管理における追加散布は、固形換算で250g~500g/m2が目安です。
 

1-2 未舗装面

(ア) 散布要領

  • 予め未舗装地の不陸の補修を実施後、塩化カルシウムを使用量目安に応じて散布してください。
  • 粒状塩化カルシウムを乾燥した地面に散布する際は、散布前後に散水することで効果が早く発現します。

(イ) 効果・補修

  • 強度が発現するのに2~3日かかりますので、この期間激しい降雨のないことが望まれます。
  • 効果は、天候・交通量によりますが、2か月程度維持します。
  • 追加散布は、固形換算で250g~500g/m2程度、散布回数は年4~6回が理想です。
  • 路面に破損が生じた場合10cm以上掘下げ、土の中に1%前後の塩化カルシウムを混ぜたものを補充して転圧してください。

(ウ) 注意事項

  • 散布直後の降雨による地下浸透は効果の消失が大きいので、散布を見合わせてください。
  • 吸水性の高い土質、可溶性の高いカルシウム・マグネシウムの多い土質では、塩化カルシウムを多めに散布してローラー転圧してください。
  • 締固めの不十分な場合、表面が剥離する場合があります。
 

2.融雪用散布量マニュアル

使用量目安 A.路面凍結防止・除雪作業の効率化目的の事前散布 50g/m2
B.除雪後の表面残雪の溶解目的 100g/m2
C.積雪溶解の溶解目的 500~1,000g/m2
*上記は参考目安です。溶解能力は路面状況・環境により効果は異なります。)
 

3.融雪の仕組み

3-1 塩化カルシウムの性質

  • 塩化カルシウムは他の融雪剤と比較して、溶解するとき発熱反応を示すとともに溶液の凍結点が降下しますので、広く凍結防止剤として使用されています。
化学名 塩化カルシウム 塩化ナトリウム 塩化マグネシウム
化学式 CaCl2・2H2O NaCl MgCl2・6H2O
溶解度(0℃) 97.7g/100g 35.7g/100g 281g/100g
溶解熱(J/g) 284.9 -86.7 60.8
凍結温度(℃) -55 -21 -33
 

3-2 塩化カルシウムの融雪性能

  • 塩化カルシウムの融氷量は塩化ナトリウムより圧倒的に大きく、適当な時間内に氷を融解する能力に優れています。
     -->>融氷量測定試験参照
  • 塩化カルシウムを雪上に散布すると、短時間に積雪内に潜入し、雪と路面との付着面を剥離しますので、 除雪作業が楽にできます。
     -->>貫入量測定試験参照   
  • 塩化カルシウムを氷上に散布すると、氷板の硬度は低減し、従来より少ない力で破砕できますので、除 雪作業が楽にできます。
     -->>硬度測定試験参照
 
融氷量測定試験
 
貫入量測定試験
 
硬度測定試験
 
戻る
NO.160112